ハッピーバレンタイン!!話題のカップル10組を占いました!!

 

キャメロン・ディアス(雨)×ベンジー・マッデン(キャンドル)
交際開始から1年未満のスピード婚で世間を驚かせた、キャメロン・ディアスとベンジー・マッデン。

以前、ベンジーと交際していたパリス・ヒルトンが、「ベッドまで手作りのパンケーキを運んでくれる彼のせいで、太った!」と発言していたほど、スイートなベンジー。
双子の弟ジョエルと結婚したニコール・リッチーがバッドガールを卒業したのも、キャンドル星人であるジョエルの熱い愛のおかげのはず。

これまでのインタビューでは結婚に対する前向きな姿勢を見せず、子どもをもたないという選択肢についても語っていたキャメロンが、あっさり結婚を決めるほどのベンジーの愛の力とはどんなものか、見てみたいもの! 

キャンドルが身を削りながら灯りをともすように、キャンドル星人は尽くし上手。
それゆえ、ときに自分を犠牲にしすぎて燃え尽きてしまうことも。

ちなみに、キャメロンのほうが別れてからもしばらく引きずっていたといわれるほど真剣交際だった元彼、ジャスティン・ティンバーレイクは大地星人。
雨が、降らなくても、降りすぎても問題であるように、雨星人のパワーは強烈。
束縛はしないタイプですが、怒らせると恐ろしく、すべてを流し、飲み込むまで気が済みません。
大地星人のジャスティンが、交際期間が長くなるほど距離を置こうとした前例もあり、キャンドル星人のベンジーに対しても、キャメロンはプレッシャーを与えてはいけません。

とはいえ、ジャスティンがキャメロンの影響でサーフィンを始めたように(海、雨の水星人はサーフィンやダイビングが趣味という人が多い)、ベンジーも交際してからスポーツを始め、ぽっちゃり体型がスリムになり、ファッションも洗練されつつあるという噂。
さらに、独身時代のキャメロンは「セックスが最高のスポーツ」と語り、8歳年下で経験値の低いジャスティンが百戦錬磨のキャメロンにいろいろ仕込まれたという噂もあるだけに、ベンジーが痩せたのはそのせいだと断言するゴシップ記事まで!

雨星人は恋人を自分色に染めたがる傾向があるので、キャンドル星人がそれに応えようと頑張りすぎると、無理が生じて、すれ違いになってしまいそう。
キャメロンが、ベンジーの愛の灯りを消さないように努めることが、ふたりの結婚が長続きする秘訣でしょう。

http://www.elle.co.jp/culture/evelourdes/happyfortune_2015_02/1